準備

【失敗しない新築作り】予算オーバーの時に節約すべき所!

更新日:

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-19-1-52-37

新築の家を建てるときは、ついつい自分のイメージ通りにしようとする為に注文を多くしてしまい、予定よりも大幅に予算がかかる事が多いです。

確かに、新築の注文住宅はこだわりの家づくりが出来ると言う魅力を持ちます。

しかし、こだわり全てを取り入れてしまうと予算オーバーになってしまうので、できるだけ節約しても問題のないところは節約するようにしましょう。

そこで、今回はお勧めの節約ポイントを紹介します。

ぜひ参考にして、少しでも予算を抑えて家を作りましょう。

拘りポイントを整理して節約

注文住宅では家の設計から施工主が立ち会う事になる事、施工主の好みのデザインや間取り、住居設備を利用して家づくりを進めると言った特徴があります。

夢の新築住宅、マイホームと言う事からも、ここはこうしたい、ここにはグレードの高い設備を導入したい、家のデザインはこうしたいと言ったこだわりを設計図に書き入れて貰い、家づくりを進めて行く事になります。

マイホーム購入をする場合には、頭金をある程度用意し、不足している費用については住宅ローンを組むと言うのが一般的で、予算の中で家づくりをしていく必要があります。

 

こだわりの優先順位

家族全員で話し合いを行って、事前に家族全員のこだわりを整理しておきましょう。

さらに、こだわりの優先順位をきめておくとよいでしょう。

そうすると、予算に合わなくなってしまった時に、こだわり条件の優先順位の下から削除していく事で予算内に収まる家づくりが出来ますし、最優先する拘り条件を持つ家を作り上げる事が出来ます。

 

お得な住宅ローンの返済で節約

マイホームを持つためには費用が必要になり、その費用の大半は住宅ローンを組むケースが多いです。

住宅ローンは高額ローンでもあり、返済期間は最長の35年間で組む人が多くなります。

住宅ローンを組んだ後、返済計画表が金融機関から郵送で届けられ、内容を確認してみると、1回目から最終返済回までの返済額や元金の残高、利息などが記されており、35年間ともなると数十ページにもなっています。

総支払額を計算してみると、住宅ローン額の倍近いお金を支払う事になるのですが、住宅ローンは早く返せば返すほど利息分が少なくなると言った特徴を持ちます。

繰り上げ返済を行う

早く返すと言うのは、定期的な繰り上げ返済を行う事であり、繰り上げ返済を行う事で元金が減るため、月々の返済額にも余裕が出て来るようになるのです。

但し、繰り上げ返済を行う時には手数料が掛かるので注意が必要です。

1年~2年に一度の割合で繰り上げ返済を行う事、そしてローン控除を受けている期間の中では繰り上げ返済を行わない事がポイントとなります。

 

住宅をシンプルにして節約

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-12-16-48-50

住宅の外観と言うのは外から見える部分なので、こだわりたいと感じる人は多いと思いますが、家の建築コストというのは仕様や設備のグレード、壁の面積などにより上下する事になります。

住宅の形

例えば、外壁が複雑な家と四方に凹みや凸部分が無く全体的にフラットな家を比較した場合、建築コストは後者の方が安くなります。

デザインを重視する事でお洒落な家づくりを行う事は出来ますが、外壁を複雑な形状にしてしまう事でコストが高くなってしまうのです。

そのため、建築コストを抑えたいと言った場合には、外壁を複雑な形状にしないようにすることが大切です。

 

余計な機能を省く

また、住居内設備や仕様についても、キッチンや寝室などは余計な機能を省く、客間やリビングルーム、玄関周りはお客さんが目に付く部分なのでお金をかけると言った具合に、メリハリを付ける事でコストを抑えた家づくりが出来ます。

 

水周りを1カ所に集中させる

意外と節約効果があるのが、水回りはなるべく1カ所に集中させると言うテクニックです。

キッチンや浴室、トイレ、洗面所と言った水回りを一カ所に集めてしまう事で給排水管の長さが短くて済むため、建築コストを抑える効果を得ることが出来ます。

 

まとめ

住宅ローンを組む時には低金利ローンを利用する事、ローン返済は余裕を持ち定期的な繰り上げ返済を行う事で総支払額を減らす事が出来ます。

家づくりでこだわりの優先順位を決めていない人は意外と多いので、この記事を読んだ方は、ぜひ優先順位を決めて余計なところにお金をかけない家づくりができるよう心がけましょう。

以上「【失敗しない新築作り】予算オーバーの時に節約すべき所!」でした。

-準備

Copyright© ユキちゃんねる , 2019 All Rights Reserved.